ちびっ子とその母親

先日、来館された親子。

喫茶の注文をされた。

まず、ちびっ子に商品を

次に親御さんにお出しした。

特に会話はなし。

ちびっ子は黙々と食べ終わると

空いた器を厨房の方へ

返してくれた。

そして、席を離れ町家の中を

うろうろ。

一人、席で食されるお母さん。

お母さんが食べ終わると、

その器も、ちびっ子は

返してくれた。

オレも

こんな時代があったんだな。

オレは・・・偉そうに

偉そうに振る舞ってるけど

何が偉いんだ・・・・

昨日は庭師さんが、

草引きをしてくださった。

熱いさなかに、黙々と。

随分、庭がすっきりした。

人、一人にできることなんか、

たかが知れてる。

しかも、ギャーギャーわめいても

なんの解決にもならない。

申し訳ない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です